大阪でロフト付賃貸なら杉原土地

常識を破った広い・明るい・高い・上りやすいロフト付賃貸は快適な友達を呼びたくなるお部屋です。

年中無休8:00-18:00電話06-6491-6339
661-0971 兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 杉原土地有限会社
本サイトの物件はすべて自社所有物です。手数料は不要です。

小説「冴子」その12

小説「冴子」その12

受験の結果は
火を見るよりも明らかです。

公立の大学に
いけなかったら
就職するしかありません。

中学校の同窓生の進路が
同窓会で
明らかになっておりますが
大学に進学する人は
15パーセント程度で
就職するのが
一般的でした。

女性なら
事務職が多く
簿記や珠算ができることが
条件です。

冴子の
高校は
進学校で
特に
選択しなければ
簿記の授業はありません。

冴子は
珠算は
小学校の時
3級まで
練習しましたが
途中で止めました。

冴子が
2月の終わりから
就職活動を
始めましたが
銀行や
公務員などの
求人は
もうありませんでした。

両親は
とても
心配して
父親は
会社の
上司に頼みました。

当時の
就職は
いわゆる
コネが
幅をきかせていた時代でしたから
父親が
頼みのも
当たり前のことです。

上司の
つてから
重電メーカーの
関係会社で
中堅の
電機部品会社の
工員として
就職が決まったときは
冴子の
家族は
みんなで
お祝いをしました。


こんな事になった
原因である
男の子が
なぜ
その日から
朝早く
登校することになるのかは
十数年後に
わかるのですが
当時の冴子は
知るよしもありません。

冴子は
試験日のその日から
男の子に会っていませんし
会おうともしませんでした。









このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

URLを含む投稿・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)