大阪でロフト付賃貸なら杉原土地

常識を破った広い・明るい・高い・上りやすいロフト付賃貸は快適な友達を呼びたくなるお部屋です。

年中無休8:00-18:00電話06-6491-6339
661-0971 兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 杉原土地有限会社
本サイトの物件はすべて自社所有物です。手数料は不要です。

小説「冴子」その134

小説「冴子」その134

1月に
餃子から
農薬が検出されました。

警察が調べたところ
中国で作られた
餃子が
輸入前に
毒が入っていたことがわかりました。

意図的に入れたものと
日本では
断定されました。

キャベツ工場の
社長は
この事件を受けて
心配になりました。

社長は
仕事に厳しいと
自他ものに
見なされています。

社長は
怨まれていると
自分自身は
思っています。

それで
キャベツ工場でも
模倣犯が
でないか
心配になりました。

そんなことを
する人間が
ひとりでもいれば
会社は
倒産です。

そこで
工場を
監視することになりました。

まず防犯カメラを
設置します。

それから
工場に入る時に
身体検査をします。

それから
工場を
常時見回ります。

そんな風に
することに決めました。

では
誰がするかと言うことになります。

工場の従業員と
仲のよいものは
なれ合いになってしまうと
思いました。

と言うわけで
冴子に
その
役目がやってきました。

パソコンの仕事は
もう
部下だけで充分ですので
冴子の
仕事は
いつでも変えられます。

しかし
平社員では
威厳がないので
冴子を
品質安全課長という
職にして
その仕事をさせることにしました。

部下も
人つきあいが
苦手の
中年の女性を
ひとり付けました。

辞令を聞いた
冴子は
驚きました。





このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

URLを含む投稿・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)