大阪でロフト付賃貸なら杉原土地

常識を破った広い・明るい・高い・上りやすいロフト付賃貸は快適な友達を呼びたくなるお部屋です。

年中無休8:00-18:00電話06-6491-6339
661-0971 兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 杉原土地有限会社
本サイトの物件はすべて自社所有物です。手数料は不要です。

小説「冴子」その89

小説「冴子」その89

翌日は晴れていました。

太陽が
煙で覆われていましたが
東の空には
輝いていました。

真冬には
暖かい
陽光でした。

冷えた体を
照らす
太陽は
こんな惨事のあとも
かわらないのです。

いつもなら
この時間には
勇治が
店のシャッターを開けて
冴子が
店の前を
掃除していたと思うのですが
太陽だけがかわらず
辺りのがれきの山は
全く違います。

太陽を見て涙
がれきを見て涙
そして
煙を見て涙です。

勇治の両親は
もう
冴子を
責めることすらできないと
感じつつ
助けに行くわけにも
行けないので
ここで
火事が収まるのを
見るだけです。

太陽が高く昇ってくると
自衛隊の車や
警察の車が
国道にやってきました。

消防が
海から
水を引いて
やっと消火が
始まっていました。

冴子には
もう遅いとしか
思えませんでした。

昨日の昼から
消火していたら
きっと
勇治は
助け出せたに違いないと
それを見て
思ってしましまいました。

そして
また涙です。

泣いていると
河本さんが
家族で
また来ました。

母親は
相当
冴子に負けず劣らず
悲痛の様子です。







このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

URLを含む投稿・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)